勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 勤務医のFAQ >> 勤務医の定年は?

勤務医の定年は?

勤務医の定年は何歳でしょうか。国立病院でも、公立・公的病院でも、定年の年齢は65歳というところが多いようですが、病院によって多少の違いがあります。勤務医の求人を探していて、ある程度長く働くことを考えているなら、候補として考えている病院の定年が何歳か、また定年まで勤めた場合退職金制度はあるのか、あるならどれくらいの金額になるのか、確かめてみるのはよいことです。場合によっては退職金前払い制度を選べるところもあります。これは退職金を退職時にもらうのではなく、毎月の給与に上乗せして払ってくれる制度です。定年まで同じ病院で働くのでなければ、こちらの制度の方が収入が高くなります。

定年といっても65歳なら、激務でなければ十分体が動きます。毎日没頭するような趣味も特にないし、もう少し働いて人の役に立ちたい、と思われる方も多いことでしょう。本来、医師の国家資格自体には年齢制限や更新はなく、環境が整えば何歳まででも医師として働くことができます。それで、勤務している病院が定年制をとっている場合、その職場では定年退職となりますが、実は定年退職した後も医師として働き続けることのできる職場は意外とあるのです。

ご存知のように医師は絶対数が不足しているので、定年退職したからといって働き口に困ることはほぼありません。特に最近は、定年退職後の医師を非常勤や当直といった形で積極的に採用することによって医師不足を補おうという動きもあります。これは、それまで勤務していた病院で非常勤の医師として働き続けられる場合もありますし、他の病院で求人している場合もあります。給与は日勤で4万円から8万円と、常勤医師の給与よりも高く設定している病院が多いです。非常勤で働く場合、週に1日だけでもOKという場合や、働く日数は相談に応じてくれる所もあります。ただやはり求人が多いのは、その病院で働いている医師の人出が少なくなる日、主に週末や当直などが必要とされていることが多いです。週に何日かは休めれば、週末に仕事をしてもかまわないと割り切れば、仕事を見つけやすくなるかもしれません。

定年退職後、介護老人保健施設で常勤・非常勤で働くという選択肢もあります。介護老人保健施設は介護を必要とするお年寄りが入居していますが、重症の患者が入所するところではないため、医師の仕事内容もそれほどきついことはありません。にもかかわらず年俸は1,200万円前後のところが多いので、収入の面でも悪くありません。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.