勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 勤務医のFAQ >> 勤務医の生涯年収は?

勤務医の生涯年収は?

医師と聞くとやはり報酬が高いというイメージがあります。勤務医の生涯年収はどれくらいになるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、平均して生涯年収3億5千万円から4億円ほどになるようです。大卒の国家公務員の平均生涯年収が2億5千万円程度、大卒サラリーマンも同じくらいのようですから、やはりそれと比べると報酬は高いということになりそうです。2004年の研修制度改正前は、医学部を卒業した後の研修医は2年間、ほぼただ働きのような状態でしたが、今は年300万円前後の報酬を得ることができるようになっています。そして勤務医として働き始めると年収450万円前後もらえるようになります。

勤務医として働く場合、大きく分けて常勤か、非常勤かの2種類の働き方があります。常勤の場合、入職した病院の勤務体系に従って勤務します。年金や保険などの福利厚生もあるところが多く、収入も比較的安定していますが、その分拘束時間は長くなります。もちろん上から言われれば、当直などもこなさなければなりません。結果として、月に何回かは連続30時間以上勤務になります。それに対して非常勤の場合は、別個の仕事ごとに契約を交わし、いわばアルバイトとして働くことになります。その場合給料の割は常勤よりも良いことが多いですが、福利厚生はありません。拘束時間も常勤の医師と比べたら短いことが多いです。普段は常勤の医師としてどこかの病院で働き、月に何回か非常勤でアルバイトをする勤務医も多いですし、もっぱら非常勤の医師として働いている勤務医もいます。

どこに所属して働くかによっても年収は変わってきます。大学病院の医局に所属して働く場合、給料は年300万円から500万円前後になることが多いようです。大学病院で講師、準教授、教授になれば約700万円から1,000万円と年収も上がっていきます。一方、市中病院は意外にも大学病院よりも年収が高いことが多いです。医師が集まりにくい地方の病院ではこの傾向がさらに強く、医師を集めるために破格の年収を提示するところもあるようです。

これらの金額はあくまでも所属する病院から支給される給料で、先に述べたようにそれ以外に非常勤でアルバイトをすればその分収入は上がります。アルバイトとして他の病院で働くと、時給1万円以上になることもあり、普通に8時間働いて8万円から10万円になることもあります。アルバイトで得る収入を合わせると、病院からもらう年収の1.5倍以上にもなる医師もいるようです。医師になるためにはかなりお金がかかりますが、それを取り戻すだけの生涯年収は十分あるといえそうです。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.