勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 勤務医のFAQ >> 勤務医と開業医の年収比較は?

勤務医と開業医の年収比較は?

数ある職業の中でも医師は報酬の面で恵まれていますが、同じ医者でも勤務医と開業医では年収にかなりの違いが出ます。ここでは勤務医と開業医の年収の違いにスポットを当ててみましょう。

2009年に行なわれたある調査では、勤務医の平均年収が約1,500万円と報告されているのに対し、開業医の平均年収(収支差額)は約2,500万円となっています。つまり勤務医に対して開業医は約1.7倍の年収を得ているわけです。パッと見では開業医は「1.7倍儲かる」と考えてしまうかもしれませんが、開業医の年収は勤務医の年収と単純に比較できる種類のものではありません。この収支差額は、医業で得た収入と医業で出た支出の差額にすぎません。この2,500万円からはまだ賄わなければならない費用があるのです。その費用の中には、開業する際にかかったコスト(借金)の返済、診療所の改装・メンテナンスを見越した費用、怪我や病気など、何らかの事情で休業した時のための保険、老後のための準備資金などといったものがあります。これらの費用を含めて考えると、開業医は割に合うでしょうか。例として開業にかかる際のコストがどれくらいになるのか、おおまかに見てみましょう。

まず建物です。土地や病院の大きさ、テナントか戸建てかにもよるので一概にはいえませんが、安くても1,000万円ほど、立地が良ければ1億かかる場合もあります。加えて設備費ですが、これも診療科にもよりますが、必要な機器類、事務器具などを揃えるのに約500万から3,500万円かかります。それで初期費用として数千万から億の経費がかかります。その借金を先ほどの収支差額2,500万円から返していくわけですが、まず税金や各種の保険にかかる費用でかなり持って行かれます。診療所の改装を見越した準備金や老後のための準備資金を積み立てておく必要もあります。仮に40歳で開業して20年かけて返済していくとしたら、生活費として手元に残る年収は勤務医の場合よりも少なくなる場合もあるでしょう。

医者が新規開業しようとすると、自分の代は設備投資にかかった分を取り戻すのにやっとで、儲けが出るのは自分の子どもが病院を継いでから、とよく言われるのも頷けます。しかも開業すると、一医師としてだけでなく、経営者としての視点・感覚も求められます。全ての開業医が成功するわけではないのもそのためでしょう。そう考えると、一生勤務医としてキャリアを終える方が賢いのかもしれません。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.