勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 勤務医のFAQ >> 勤務医で楽な科は?

勤務医で楽な科は?

慢性的な医師不足から、どの病院でも勤務医は激務を強いられています。逆に考えればそれがやりがいにつながることも事実ですが、あまりの忙しさに体を壊してしまったり、もっと厄介なことにメンタルに不調をきたしてしまっては大変です。病院の中にはいろいろな診療科がありますが、科によっては他の科よりも輪をかけて忙しい診療科もあれば、それほど忙しくない、「楽な」診療科もあるのではないか。特に将来自分がどの科に進んだらいいかを考えている医学生や研修医の方なら、そう考えることもあるかもしれません。実際はどうなのでしょうか。

確かに診療科によっては、他の科と比べて比較的忙しくない科があるにはあります。「楽な」科を、時間外労働が少ないという意味で解釈すれば、麻酔科は仕事のオン・オフがはっきりしているという意味で「楽」といえるかもしれません。というのも麻酔科医は手術があるときは1日手術室にいる必要があり忙しいですが、基本的に交代制です。主治医として受け持ちの患者さんが急変する度に呼び出される医師と違い、時間が来れば別の麻酔科医と交替になります。休みの日で手術が予定されていない時はフリーになります。ただし、手術を次から次へとこなしている病院に勤務する麻酔科医であれば当然忙しくなります。

忙しさや、体力的にそれほどきつくないという点で挙げれば、眼科や耳鼻科、皮膚科なども挙げることができるかもしれません。いずれも、診る患者さんの全体数に対して、手術が必要な患者さんの数はそんなに多くはありません。救急で対応する必要のある患者さんが少ないということで、時間外労働が少なかったり、当直で仮眠をとるなどしていても呼び出されることが少ないということはあります。多くの手術の執刀がある外科や、限られた時間内に的確な処置が求められる救急外来、容態が急変して緊急に処置が必要になる患者さんの多い他の科などと比べると、体力的・精神的に「楽」という言い方はできるかもしれません。もちろんこうした科であっても、やはり患者さんの健康と命を預かっている医者であることに変わりはなく、自分の行なう医療処置に対して責任が求められます。

精神的・体力的に負担が少ない職場と考えると、診療科によるというよりも、働いている職場によるほうが大きいかもしれません。眼科や耳鼻科、皮膚科などであっても手術が必要なこともありますし、どんな診断・手術にもリスクが付き物です。それに対してたとえば保健所勤務の医師などは、健康相談や感染病予防などが主な仕事内容なため、病院勤務の医師と比べて感じるストレスは少ないといえるでしょう。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.