勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 激務ではない勤務医求人

激務ではない勤務医の求人

勤務医といえば、激務の仕事として知られていますよね。確かにこれは言い逃れの出来ない事実でしょう。現在勤務医が置かれている立場というものが、どういった状況であるのかを、まずは把握しておきましょう。

現在、勤務医を行っている90パーセント以上のドクターが、宿直を伴う連続32時間勤務というものを月に3回以上こなしているという現状があります。その内、30パーセントのドクターが、月に一度も休日を取ることも出来ていないというデータが存在しているのです。1日以上の長い勤務時間を月に三度もこなしている上、休日を1日も消化することが出来ないという現状。これは残念ながら激務であると言わざるを得ない状況ですね。

より詳細な情報を提供すると、勤務医という職業についているドクターの95.8パーセントが、8時間の日勤後、16時間の宿直勤務をした後、さらに通常の8時間の日勤に入るというスタイルを取っている医療機関がほとんどだとされているのです。頻度は月に3度程度であり、週間の動労時間が、65時間以上というドクターが32.7パーセントにも登っているというのが現状なのです。

また月間の時間外労働時間の平均が、63.3時間となっており、30パーセントの勤務医が、過労死のボーダーラインと言われている月間80時間以上の時間外労働を行っているという現状があることも発表されています。こういったことからも、当然に勤務医の現状は激務としか言い用がない状況なのです。

だからといって、激務が勤務医の宿命と思ってはいけません。前述にあるデータも全国中25道府県のデータであり、150施設、さらに研修医を含んだ約1000人の勤務医のデータに過ぎません。当然に現在においては、都市部の病院機関を中心として、勤務医の労働環境の改善や、勤務医の人員補充に奔走をしている状況なのです。

ですから、こういった激務の病院施設も、まだまだ存在してはいるものの、徐々に改善されている傾向が見られているのです。さらに地域の模範となるような中核病院などであれば、こういった労働環境を改善することを先駆けて行っていることが多いですから、前述にあるような激務と言えるような労働環境で働かされるということはまずないと考えて良いでしょう。勤務医にとって、激務ではない勤務先は、沢山に存在していますから、勤務医は激務が当然という風に諦めず、リクルートドクターズキャリアなどの転職支援サービスサイトなどを利用して、良質な勤務先を紹介してもらいましょう。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.