勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 転勤がない勤務医求人

転勤がない勤務医の求人

転勤は医師の世界ではそう珍しいことではありません。しかしいざ自分が転勤となると、引っ越さなければならなかったり、家族がいれば子供も転校しなければならなかったり、いろいろと複雑になってきます。転勤がない勤務医の仕事はあるでしょうか。

医師の転勤と深い関係があるのが、医局制度であるといわれています。医局制度とは、大学病院の各診療科に存在し、その科の教授を筆頭とする医師のグループ、集団です。教授の下には準教授、講師、助教、そして医局員がいます。大きさは医局によってまちまちで、十数名の医師が所属する比較的小さな医局から100名以上の大きな医局までいろいろです。医局は大学病院において、患者の診療に加えて、医療の研究、医師の教育という側面も持っています。医局が持つ側面・機能の一つに、系列の病院に医師を派遣するというものがあります。全体的な医師不足の中、確実に医師を確保することができるこのシステムは、特に医師の確保が難しい地方の病院などにとってはありがたく、病院の存続にも大きな役割を果たしてきました。

実際2004年に臨床研修制度が現在の形に改正されるまでは、研修医としてほぼ全ての医師がどこかの大学の医局に入局するのが普通でした。派遣される医師としても、医局に所属していれば博士号の取得などで将来的に有利になりますし、病院は医局が紹介してくれるので働き口に困ることはまずないという点でメリットが大きいとされてきました。こうした派遣は医師にとっては、地方の病院を含めさまざまな医療を経験することにもつながり、広い視野を持った医師として成長する上で一定の役割を果たしているとする声もあります。

ただ冒頭で述べたように、家族持ちの医師であれば特に、転勤がない勤務を希望するのもうなずけます。そのためには、医局に属さない勤務医として働くという選択肢があります。医局から、次はあそこの病院に行ってほしいと指示されることがないため、自由に勤務先を選ぶことができます。この場合自分で働く先の病院を探し、病院と直接個人的に雇用契約を結び働くことになります。2004年の臨床研修制度の改正に伴い、大学病院以外からも指定された中から研修先の病院を選ぶことができるようになり、前期研修期間の2年が終了した後も、医局に入らずにそのまま研修先の病院に残ったり、さらに別の病院で後期研修を受けたりと、選択肢の幅が広がってきています。こうした流れによって、医局の人事システムは崩壊しつつあるといわれています。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.