勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 大企業の勤務医求人

大企業の勤務医の求人

勤務医をなさっているドクターの中には、大企業の産業医としての転職を夢見ているドクターもいらっしゃることでしょう。大企業で働く勤務医というものは、どういった現状であるのか、また大企業への転職求人が実在しているのかどうかを紹介していきましょう。

産業医は、企業などにおいて、そこで働く労働者に対しての健康管理を行っていく役割を担っています。それと同時に、健康の保持や増進に努め、衛生管理者などと共に、労働と健康の両立を図るために存在している医師ということになります。産業医の種類は、嘱託医と専任の産業医とに分けることが出来ます。一般的には、中小規模の企業は、近隣に開業をしている個人クリニックなどに依頼をし、嘱託をしているケースが多く、大企業の場合には専任の産業医を雇うというスタイルを取っていることが多いようです。

ただし大企業であっても、基本的に産業医の募集人数は多くなく、様々な求人媒体を見ても、1人ないし2人という所がほとんどですから、かなり狭き門ということが言えるでしょう。更に、大企業であるということや、産業医となった場合には、離職率が非常に低いという特徴があることから、はっきり言って、個人レベルの転職活動で良質な大企業の勤務医を探すということは、不可能に近いレベルだと言えるのです。

しかし、実際には、大企業に専任で働く勤務医が存在しているということも事実でしょう。こういったドクターの多くは、転職支援サービスサイトを利用しているケースがほとんどなのです。なぜこういったことが可能だといえば、リクルートドクターズキャリアを始めとして、医師専門の転職支援サービスサイトを運営している会社の多くは、他の職種で多くの企業とのつながりを持っているということがあるからなのです。

他の職種で人材紹介の実績というものがあり、それぞれに高い信頼というものを獲得している。だからこそ、産業医の紹介にも信頼を持って受け入れることが多いということなのです。一般的な大企業の産業医募集の方法としては、転職支援サービスサイトの非公開求人として依頼をするケースがほとんどです。ですから、こういった転職支援サービスサイトに登録をしなければ、特に誰もが知っているような大企業の勤務医の求人と巡り会うことは難しいと言えるのですよ。こういった大企業の勤務医への転職のコツというものを掴んでおき、上手に転職活動をしていくようにしていきましょう。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.