勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> クリニックの勤務医求人

クリニックの勤務医の求人

「クリニック(診療所)」とは、病床20床未満の医療施設のことをいいます。20床以上の医療施設が「病院」になります。クリニックは規模が小さいため、内科、外科、皮膚科、耳鼻科、眼科、小児科など、専門の診療科を看板に掲げ診療に当たります。大病院、総合病院と呼ばれるような規模になることもある「病院」と、よりこじんまりとした「クリニック」では、そこで勤務する医師の仕事、働き方も変わってきます。病院とクリニックでは、医師としての働き方にどんな違いがあるのでしょうか。

大きな違いの一つは、クリニックでの勤務は病院勤務と比べ、拘束時間が短くなる傾向があります。クリニックは病院と比べて入院患者が少ないです。そのことから当直をする必要性も少なくなりますし、オンコールで待機する必要も少ないといえます。救急で運び込まれるような患者さんはクリニックではなく救急対応のある大病院に行くことが多いですから、その対応で急に呼び出しが来ることもありません。クリニックによっては当直やオンコール体制を取っているところもあるので一概にはいえませんが、一般的にクリニック勤務の方がプライベートの時間を取りやすい環境といえます。

診る患者さんに関しては、看板を掲げる診療科特有の患者さんが集まってくるため、症状としては似通ったものになります。急性期の患者さんは少なく、地域の「かかりつけ医」的な役割を担うことが多いでしょう。そのため、いつも神経を張り詰めるような緊張感を持ちながら診療に当たるようなことは少ないといえます。とはいえ、患者さんが訴える症状や観察される様子から、重大な病気である可能性がないかどうかを見過ごさないだけの知識は必要とされます。かかりつけ医という点では、患者さんの話によく耳を傾け、信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルや、多少専門外の症状であっても対応できる総合力、必要な場合はしかるべき医療機関や医師を紹介するなどが求められます。こうした要素を満たせる医師は、安心して何でも相談できる地域のかかりつけ医として信頼されるでしょう。さまざまな症例に触れる機会としては少ないため、若手の医師が経験を積む場としては大病院に軍配が上がります。

近い将来開業を考えていて、その前に実際にどんな様子か自ら体験して学びたいという医師もクリニック勤務を希望することがあります。クリニックによっては、将来開業を考えている医師のために積極的な支援制度を設けているところもあるようです。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.