勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 40代の勤務医求人

40代の勤務医の求人

医師としてのキャリアをざっくりと説明すると、20代はとにかくこき使われ、先輩や指導医などに指導を受けながら知識を吸収するという生活を送ります。その後30代になり、やっと一人のドクターとしてのスタートラインに立ち、様々な臨床経験を経て、独自のドクター像を形成していくことになります。そして40代になれば、これらの経験を活かして、更新を指導するという立場になっていくのです。

一人のドクターとして、医療現場の最前線に身を置きながら、勤務先の医療機関において役職に付き、病院の経営などに携わっていったり、後進を指導していくということも、40代の勤務医の大きな役割になってきます。ですから、ある程度のキャリアや実績というものを持っていれば、まだまだ40代でも、勤務医の求人というものは、多いということが言えるのです。

一般的な職種の場合、40代という年齢だけで、採用を見送られることは、沢山にあると言えるでしょう。しかしながら、勤務医という職種の場合、その需要はまだまだ高いという特徴を持っているのです。前述に挙げた役割以外にも、結婚をしたり、子供が生まれるなど、プライベートの生活にも変化が起こるような年代でもあります。結果として、それまでの勤務スタイルが合わず、もっと自由度の高い医療機関へと転職を希望したり、独立開業をするという選択するドクターも増えてくる年代です。

ですから、人材補充という観点からも、40代の勤務医の需要は、まだまだ高いという傾向が見られるのです。病院の大小にも関わってきますが、一般的には、45歳前後で、医科長や診療部長というような役職に抜擢されるのが通常です。年収も平均で1300万円から1600万円という所が相場になってきますから、こういった情報を参考にして、現在の自分の待遇面というものを考えなおすことも大事になってきます。

転職支援サービスサイトを利用すれば、こういった情報を簡単に手に入れることは出来ますし、医科長や診療部長クラスの勤務医求人も豊富に用意されていることでしょう。働くエリアによっては、医師不足が深刻化しており、年収2000万円といったハイクラスの求人も多く見られています。よりよい条件で40代での勤務医という立場を築きたい場合には、転職支援サービスサイトを上手に利用し、より自分を評価してくれる勤務先を選択することが、良い判断であると言えるのではないでしょうか。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.