勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 30代の勤務医求人

30代の勤務医の求人

30代ともなれば、ドクターとしてのキャリアを真剣に考えることでしょう。現在、自分が置かれている立場であったり、自分のドクターとしての評価を正当に行ってくれている医療機関で働くことができているのかどうか。こういったことを確かめるためにも、一度、医師専門の転職支援サービスサイトを利用することをオススメします。

ドクターの20代というのは、医学部を卒業して、その後に研修医として、こき使われることになるでしょう。一般的には臨床研修制度は、2年以上となっており、大学の医学部を卒業し、最短で24歳でドクターとして働き始めた場合、30代に突入すれば、キャリアは8年ということになります。そこで何をしてきたかによりますが、十分なキャリアといえるのではないでしょうか。

また現在では、最低年数の2年で研修医を終えるドクターは少なく、その後3年から5年の後期研修に移行をしている方が増えているんですね。卒後、法定年数の2年の研修医期間を経て、後期研修制度に参加をし、5年となれば、30代に突入して、やっとドクターとしてのスタートラインに立つという方も珍しくはないのです。ドクターとして、どういったキャリアを積んできたかによって、待遇面での差はあるものの、需要はまだまだ高いというのが30代の勤務医の求人事情になります。

現在の医師不足の影響もありますが、一般的な職種と比較しても、30代という年齢での求人の多さは、はっきり言って、異常といえるくらいにあるものです。一般的な職種の場合、30代という年代に突入すると、一気に需要が低くなるものなのですが、ドクターに関してはそういったことが一切ありません。年齢制限を設けているような勤務先は、公務員医師の求人くらいです。その他の医療関連の機関では、需要が高いわけですから、自分の条件を優先させた転職活動を実現することが出来ます。

年収の面などにこだわりたいのであれば、大学病院などに転職をするのはオススメ出来ません。30代の勤務医であっても、400万円から600万円という年収が精一杯の所なのです。これは一般の市中病院の20代のレジデント明けのドクターの年収と変わらない金額か、それ以下という金額なのです。こういった情報が収集出来る上、自分のドクターとしての価値をしっかりと査定してくれますから、医師専門の転職支援サービスサイトを利用することは、とても大事なことだと言えるのではないでしょうか。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.