勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 20代の勤務医求人

20代の勤務医の求人

20代の勤務医の求人数は、圧倒的に多いという現状が見られています。その理由は簡単です。まだ技術や知識や実績などはないものの、体力的なアドバンテージがあります。そして何よりも、給与を安くしても文句を言われないということがあるからなのです。特に研修医の需要は、常勤医でも非常勤医でもアルバイトでも高い状況になっているんですね。

日本での研修医の年収は、近年になってようやく改善された状況です。それまでは、200万円台の前半というような年収だったのが、改善をされ、現在は300万円の後半から400万円前後という所が一般的な相場になっていますから、随分と優遇されるようになってはいます。

ただし、研修医を終えた段階の20代の若いドクターの場合には、その後にどの医療機関を選択するのかによって、年収の面や勤務条件などに大きな差というものが生まれてくることになることを、ちゃんと把握しておくべきでしょう。それまで通り、研修医となんら変わらず、激務を任され、研修医時代の年収にちょっと毛が生えた程度の年収で勤務医を続けている20代のドクターも沢山に存在します。

修行中の身であり、まだまだ半人前であるから仕方がない。こういった思いが、過酷な勤務時間が改善されない状況を生み出したり、年収が上がらない原因になっているということを把握しておきましょう。研修医を終え、その時代となんら変わらない状況であるならば、転職を考えても間違いではないと言えるでしょう。まだまだその医療機関で学びたいことがあるとか、現在の職場環境でも満足できているというのであれば、転職を考える必要がないと言えるでしょうが、今現在の自分のドクターとしての価値というものや、ポジションというものを査定をしてもらうという意味でも、医師専門の転職支援サービスサイトを利用した方が良いといえるでしょう。

一般的に言われている平均値として、20代の後期研修医と呼ばれるような期間においての年収は、600万円から800万円だとされています。200万円の開きがあるのは、勤務地の問題であったり、病院の大小によるものですが、これはあくまでも全国的な平均値ですから、この範囲内に収まっていない場合には、ちょっと冷遇されていると考えても問題はないと言えるのです。転職支援サービスサイトを利用すると、しっかりとしたデータとして、自分の置かれている立場を確認することが出来ますから、かなり重宝できると言えるでしょう。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.