勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 年収3000万以上の勤務医求人

年収3000万以上の勤務医の求人

一般的な職業と比較して、年収が高いというようなイメージがある勤務医という仕事でも、年収で3000万円以上を獲得しているドクターは少ないものです。40代のドクターの平均の年収を見てみても、年収1400万円前後というのが平均値ですからね。開業をして、自分の病院を持つか、親の代からの病院を継ぐなんてことをしない限り、年収3000万円なんて稼ぐことは出来ないと思っていませんか。実際には、勤務医という立場でも年収で3000万円をもらっているドクターは存在するのです。ここでは、年収3000万円の勤務医の求人にスポットをあてて紹介していきましょう。

まず、年収3000万円を獲得するために、考えるべきことは、医師の年収にどうしてこれほどまでの差が生まれているのかを考えることです。年収の査定には様々な要素が絡んできますよね。まずは自分のドクターとしての需要がどの程度にあるのかということです。知識やスキル、症例件数などが多く、それまでにノーミスであるというようなドクターであり、さらに日本でもそれを行うことが出来る人間が数少ない治療法や手術を行うことが出来るドクターというものであれば、当然に年収は高くなり、年収3000万円でも求める医療機関は多いことでしょう。

そのほかにも年収を決定する要素はありますよね、それはどの勤務地で働くかということです。こういった特別なスキルなどがなかったとしても、都市部の忙しい病院であり、経営が黒字のような病院施設であれば、年収は当然に高くなります。その代わり、労働時間は長くなることが予測されますし、文字通りの激務の状態になることは言うまでもないことでしょう。プラスして、その病院の規模であったり、診療科によっても、年収というものが大きく違ってきます。こういった要素を全て満たしていき、年収が高い条件を満たすことが出来れば、年収3000万円を獲得することも可能なのです。

これを実現させるためには、とにかく年収を高くするための情報収集が必要になってきます。前述にあるような情報を個人的に収集することは、かなりの労力を有しますから、医師専門の転職支援サービスサイトを利用すると良いでしょう。実際に年収3000万円以上を稼ぐ勤務医のデータは把握しているでしょうから、その人間がどういったキャリアを積み、今の年収を得ることが出来たのかということを、把握することができるでしょう。

最期にコネクションです。自分を高く評価してくれる上、経営状態の良い医療機関などにコネクションがないと年収3000万円に乗せるのは難しいものです。トータルで考えた場合、情報を多く有しており、大手の企業や医療機関にコネクションを持っているリクルートドクターズキャリアなどの転職支援サービスサイトを利用することが、一番の近道だと言えるでしょう。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.