勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 年収2000万以上の勤務医求人

年収2000万以上の勤務医の求人

医師であれば、誰もが自分の能力を評価され、それなりの年収を得たいと願っているものでしょう。年収などは関係なく、より多くの人間を救いたいという高尚な考えの持ち主もいらっしゃることでしょうが、現実問題として、過酷な労働条件に見合う年収を得たいと思うのは、当然にことだと言えるでしょう。ここでは年収2000万円の勤務医求人を紹介していきましょう。

一般的に年収2000万円以上とされる勤務医求人などないだろうという考えを持っているドクターは多いことでしょう。勤務医の場合、10年戦士くらいの一番脂が乗っているとか、これから体力的にも技術的にも全盛期を迎えるようなドクターでも年収は1400万円前後が平均だとされていますからね。2000万円以上の年収を稼ぐためには、独立開業するしかないという考えを持っているドクターがほとんどだと言えるでしょう。しかしながら、転職活動の仕方さえ間違えなければ、年収2000万円という大台の年収を勤務医として獲得することは十分に可能なのです。

一般的にドクターの年収は、研修医を終えるまでは、優劣はついておらず、どのドクターも横一線の状態になっています。年収に差が生まれてくるのは、研修医後の進路をどのように取っていくかで年収に差が生まれることになるのです。志の高いドクターであれば、先進医療の最前線である大学病院への勤務を望むことが多いと思います。しかし勤務医を続けるという前提で、年収の面でのことを考慮した場合、この選択は残念ながら間違いになります。なぜなら、大学病院の年収は、20代後半から30代前半というドクターでは、300万円から多くて600万円とされているからです。講師という立場になっても年収は700万円前後、助教授という立場で800万円。教授でも1000万円前後というところが平均値です。

独立開業というものを先に考えているのであれば、○○大学の医学部の教授や助教授という肩書は大きなブランドになり、役には立つものの、勤務医を続けていくと仮定した場合には、年収の面でのメリットは、かなり少ない転職先であるわけです。それに比べ、市中病院であれば、スタート時でも600万円から800万円前後となり、大学病院の助教授クラスに既に匹敵する年収を稼ぐことが出来るのです。5年も勤務すれば年収が1000万円を突破しますし、条例数や知識やスキルがそれ相応にあると判断された場合には、2000万円の大台に乗ることも十分に可能なのです。

このように年収を得るという明確な目標があれば、それに見合った勤務先を選択する必要があるということであり、年収2000万円を稼ぎやすい転職先を知っている医師専門の転職支援サービスサイトを利用するのが一番の近道なのです。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.