勤務医求人ランキング

勤務医求人TOP >> 条件別の勤務医の求人 >> 年収1000万以上の勤務医求人

年収1000万以上の勤務医の求人

一般的に勤務医が転職を希望する大きな理由は、キャリアップと年収という所が一般的です。医師の世界では、医局制度が崩壊しつつある現代では、給与アップや待遇の改善を求めて、転職を希望する医師が非常に多くなっており、ほんの3年〜5年というような短いサイクルで転職を繰り返しているというのが現状です。ですから、何も年収アップのために転職を希望することは、珍しくもなんともないことであり、転職理由のスタンダードであるということです。ここでは年収1000万円以上の勤務医求人を紹介していきましょう。

年収1000万円の勤務医求人は、沢山に存在していますから、転職サイトや転職エージェントなどを使わなくても、個人レベルの転職活動で十分に年収1000万円の勤務医求人と巡り会うことが出来るでしょう。どうしてこういったことが言えるかというと、現在の医師の平均年収が既に1000万円を越えており、1144万円になっているという現実があるからなのです。

当然に平均値であるため、診療科や病院の規模、当直や夜勤の有無や休日の消化率などの勤務時間を考慮した場合でも1000万円を軽く越えるのかと言えば疑問が残るところです。また男性医師と女性医師の間でも、平均年収には、大きな開きがあるというのが現状です。男性の平均年収が1213万円ということに対して、女性の医師の平均年収は、957万円というデータが出ています。

このことから、比較的に男性であれば、1000万円以上の勤務医求人と巡り会うことが出来るため、個人レベルでの転職活動などでも、簡単に探すことが出来るものの、女性である場合には苦労をするということが予測出来ます。比較的に難しいとされている女性が1000万円以上の勤務医求人と巡り会うためには、医師専門の転職支援サービスサイトを利用して探したり、それにプラスして女性医師に特化した転職支援サービスサイトを利用することで、良質な求人と巡り会うことが出来るようになるでしょう。

医師のステップとして、医学部を卒業した後、国家試験を受け、それに合格をすると、研修医として、それぞれの病院へと勤務につくことになります。この時の年収は300万円〜400万円程度の年収と言われています。つまり、ドクターとしての生活をスタートさせた時の年収には差がないということなのです。研修医の間は、いくら頑張ったとしても、良い待遇をしてくれる医療機関と巡りあったとしても、この年収以上の収入を獲得することは難しく、年収1000万円など夢のまた夢という状態です。肝心なのは、研修後にどの医療機関を選択するかによって、年収に大きな開きが出てくるのです。




Copyright (C) 2015-2018 勤務医求人ランキング All Rights Reserved.